日産の格付け「BBB-」に1段階引き下げ、見通しネガティブ=S&P

ロイター / 2020年7月3日 17時48分

[東京 3日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3日、日産自動車<7201.T>の長期発行体格付けを「BBB-」に1段階引き下げたと発表した。格付け見通しは「ネガティブ」。

S&Pは、新型コロナウイルス感染拡大の影響による世界的な自動車販売の急落に加え、大規模な構造改革に伴う費用負担が見込まれることにより、日産自の収益性には今後1―2年、同業他社よりも下押し圧力がかかると指摘。さらに、フリーキャッシュフローの大幅な赤字が続くことで同社の格付けを支えてきた財務的な余裕が悪化する可能性が高いと判断したという。

先行きについては、新型コロナの影響の長期化や構造改革効果の発現の遅れなどにより、信用力にさらに下方圧力がかかる可能性があるとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング