1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

中国、近い将来に台湾侵攻の公算小さい=米国防トップ

ロイター / 2021年11月4日 1時7分

米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は3日、中国が必要な軍事力を備えたとしても、近い将来に台湾を軍事的に掌握する公算は小さいとの見方を示した。4月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は3日、中国が必要な軍事力を備えたとしても、近い将来に台湾を軍事的に掌握する公算は小さいとの見方を示した。

ミリー氏はアスペン・セキュリティ・フォーラムで、中国は近い将来に台湾に対する何らかの行動を起こす準備を進めているかとの質問に対し、「自分自身の分析によると、近い将来にそのような事態になる公算は小さい」とし、近い将来とは向こう半年、1年、2年といった期間を指すと述べた。

その上で、中国指導部がある時点で台湾侵攻を決定した際に実行できるよう明らかに軍事力を増強させているとし、「何が起きてもおかしくない」としながらも、「近い将来」に何らかの事態が発生する可能性は低いと述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください