バークシャー、米航空株全て売却 バフェット氏「世界は変わった」

ロイター / 2020年5月4日 11時10分

 5月2日、著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、自身が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイの年次株主総会で、航空業界にとって「世界は変わった」と述べ、保有していた米航空株を4月に全て売却したことを明らかにした。写真はビデオから。Yahoo! Finance提供(2020年 ロイター)

[2日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ の年次株主総会で、航空業界にとって「世界は変わった」と述べ、保有していた米航空株を4月に全て売却したことを明らかにした。

バークシャーの年次報告書や当局への届け出によると、同社は2019年末時点でデルタ航空 の株式11%、アメリカン航空 株10%、サウスウエスト航空 株10%、ユナイテッド航空 株9%を、それぞれ保有していた。

バフェット氏は、ライブ配信された株主総会で、航空業界の見通しは急変したとし、「大幅な損失を出しても売却することを決めた」と説明。「将来的に資金を食いつぶすと予想される企業に資金は出さない」と述べた。

4社の株式取得にこれまでに70億─80億ドルを投じたと明らかにし、「間違いだった」と述べた。

航空業界については「需要が実質的に干上がり、打撃となっている。米国では空の旅は基本的に止まっている」とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング