ロシアの新型コロナワクチン、抗体反応確認=ランセット誌

ロイター / 2020年9月5日 0時42分

 4日、ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に関する初期の臨床試験で全ての参加者に抗体反応が確認された。写真は4月10日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に関する初期の臨床試験で全ての参加者に抗体反応が確認された。英医学誌ランセットが4日、試験結果を掲載した。

臨床試験は76人を対象に6-7月に2度行われた。100%の参加者が新型コロナウイルスに対する抗体ができたことを確認し、大きな副作用はなかった。

ロシアは8月、データの公表や大規模な臨床試験をする前に、世界に先駆けて国内用にこのワクチンを認可した。

ランセットは「42日間にわたる38人ずつの二つの試験で重大な副作用はなく、ワクチン候補で抗体反応が出たことを確認した」と説明。「長期的な安全性と効果を立証するには、偽薬を含む大規模で長期間の臨床試験が必要だ」と指摘した。

旧ソ連時代の世界初の人工衛星にちなんで名付けられたワクチンに対して、西側諸国の専門家は、国際的に認められた試験と認可の手続きを取ってから使用すべきだと警告していた。

世界的な医学誌に結果が掲載され、先週には4万人が参加する後期の臨床試験が始まっており、ワクチン開発を支えるロシア直接投資基金トップのキリル・ドミトリエフ氏は「これによって、西側諸国がロシアのワクチンをおとしめる目的でこの3週間念入りに聞いてきた全ての疑問に答えたことになる」と述べた。「全てがクリアされた。今度はわれわれが西側のワクチンについて質問する番だ」とロイターに語った。

ドミトリエフ氏は先週から始まった大規模試験に少なくとも3000人がすでに充てられたと述べた。初期の結果は10月か11月に出るという。

世界では複数の製薬会社が既に、それぞれ数万人の参加者を得て、後期の臨床試験を進めており、英アストラゼネカや米モデルナ、米ファイザーを含むいくつかは年末までにワクチンの効果と安全性が分かる見込みだ。

ランセットは、スプートニックVが初期臨床試験で「T細胞」と呼ばれる免疫システムの構成要素の反応を引き出したと述べた。科学者はコロナウイルス感染症を撃退する上でのT細胞の役割について細かく調べてきた。最近の研究結果は、T細胞が抗体よりも長い間身体を守る効果があることを示す。

ロシアのワクチンは、一般的な風邪を引き起こすヒトアデノウイルス5型(Ad5)とヒトアデノウイルス26型(Ad26)をベクター(運搬者)として2回に分けて投与する。

専門家によっては、この手法では多くの人がすでにAd5への免疫を持っているためワクチンの効果は低いと言う。

ワクチンを開発したガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターの開発者の1人はロイターに対して、安全性を確保した上でこれまでの免疫を上回る量のAd5を使用していると述べた。Ad5よりまれなAd26を合わせることで、双方の免疫を持ち合わせる人は限られているためワクチンの効果がさらに高まると説明した。

ロシアはこれまで、このワクチンを年末までに月々150万ー200万回分生産するとの見通しを示している。徐々に月600万回分に生産を増やすという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング