1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

米司法省、元大使を起訴 キューバのスパイとして40年活動

ロイター / 2023年12月5日 8時11分

12月4日、米司法省は、キューバのスパイとして40年以上にわたり活動をしていたとして元駐ボリビア大使を起訴した。写真は2000年8月、当時のボリビア大統領と握手するビクトル・マヌエル・ロチャ被告。ラパスで撮影(2023年 ロイター)

[ワシントン 4日 ロイター] - 米司法省は4日、キューバのスパイとして40年以上にわたり活動をしていたとして元駐ボリビア大使を起訴した。外国のエージェント(代理人)による米政府への最も広範囲で長期にわたる潜入例の一つと指摘した。

起訴されたのは、2000─02年に駐ボリビア米国大使を務めたビクトル・マヌエル・ロチャ被告(73)。違法な外国代理人として活動した罪などに問われている。

ガーランド司法長官は被告が40年以上にわたりキューバ政府の代理人として活動し、米政府内で非公開情報にアクセスしたり、米外交政策に影響を及ぼしたりできる立場にあったとした。

司法省によると、被告は1981─2002年に米国務省で勤務し、94─95年にはホワイトハウスの国家安全保障会議に参加、06─12年には米南方軍司令官の顧問を務めた。

国務省のミラー報道官は定例会見で、情報機関のパートナーと協力し、長期的な国家安全保障上の影響を評価していく考えを示した。

裁判所への提出資料によると、米当局は被告が81年から米政府に対する秘密の情報収集を行っていたとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください