旅行予約サイトのブッキング、25%雇用削減へ コロナ禍で事業不振

ロイター / 2020年8月4日 22時37分

旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングスは4日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、1万7000人の従業員のうち約25%を削減すると明らかにした。仏トゥルコアンで昨年10月撮影(2020年 ロイター/Pascal Rossignol)

[アムステルダム 4日 ロイター] - 旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングス は4日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、1万7000人の従業員のうち約25%を削減すると明らかにした。

ブッキング・ホールディングスは電子メールで、雇用をできるだけ守ろうとしているとしながらも、「新型ウイルス感染拡大による危機を受け、他の多くの旅行会社と同様、ブッキング・ホールディングスも雇用削減という極めて困難な措置を取らざるを得なくなっている。世界的な従業員数の最大25%が影響を受ける」とした。

ブッキング・ホールディングスは米ナスダック市場に上場。本社は米コネチカット州。オランダのアムステルダムの主要拠点の従業員数は5500人。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング