トランプ氏が大統領令署名、主要インフラプロジェクト促進に向け

ロイター / 2020年6月5日 10時37分

 トランプ米大統領は6月4日、エネルギーなど主要なインフラプロジェクトについて、環境面の許認可要件を無視して迅速に進めるための非常権限を連邦機関に付与する大統領令に署名した。6月1日、ホワイトハウスのローズガーデンで撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、エネルギーなど主要なインフラプロジェクトについて、環境面の許認可要件を無視して迅速に進めるための非常権限を連邦機関に付与する大統領令に署名した。

ホワイトハウスは、新型コロナウイルス流行の影響からの経済回復とインフラ改善を後押しするためと説明。大統領令は公共事業や幹線道路プロジェクトのほか、パイプラインといったエネルギープロジェクトを促進するよう求めており、内務省、農務省、国防総省に連邦政府所有地におけるプロジェクトの加速を指示している。

トランプ大統領は化石燃料を熱心に支持しており、化石燃料の開発を遅らせる規制、および環境上の理由でプロジェクトを阻止する州の権限の縮小を目指している。

米国鉱業協会は「国内の大規模な埋蔵鉱物の利用拡大を後押しする」ものだとして、大統領令を評価した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング