タカタ欠陥エアバッグ、米国で17人目の死者 ホンダ車両で8月に

ロイター / 2020年10月5日 9時15分

[ワシントン 3日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は3日、米アリゾナ州で8月20日に2002年型「シビック」が衝突事故を起こし、運転手が死亡した問題で、米道路交通安全局(NHTSA)と共同検証した結果、タカタ製の欠陥エアバッグ・インフレーターが原因と認定したと発表した。

タカタ製の欠陥エアバッグ・インフレーターに関連する米国での死者は17人目。

問題のインフレーターは異常破裂し、金属の部品片が飛び散る恐れがあるため、米自動車業界史上で過去最大のリコール(回収・無償修理)が実施された。2009年以降、関連が指摘される死者がホンダ車で15人、フォード・モーター 車で2人出ている。タカタ製の欠陥エアバッグ・インフレーターによる負傷者は世界で290人以上に上り、死者は26人を超えている。

ホンダによると、2002年型シビックは2011年12月以降、運転席側のエアバッグ・インフレーターがリコール対象となり、助手席側のエアバッグ・インフレーターは14年にリコールされた。

ホンダはリコールを通知するため、登録された所有者に8年にわたりメールを送るなどして繰り返し連絡を試みた。今回事故が起きた車両は修理されておらず、死亡した運転手は車の名義人ではなかった。ホンダによると、リコールを知っていたかどうかは不明。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング