1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

英総合PMI、9月改定値は54.9に小幅上昇 インフレ圧力強まる

ロイター / 2021年10月5日 19時5分

IHSマークイット/CIPSが5日発表した9月の英国の総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は54.9と、前月の54.8から小幅に上昇した。写真はロンドンで9月撮影(2021年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 5日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが5日発表した9月の英国の総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は54.9と、前月の54.8から小幅に上昇した。低下を免れたのは5月以来初めて。

ただ、企業は過去最速のペースで価格を引き上げており、インフレ上昇の兆候が強まっている。

サービス部門と製造部門を合わせた総合PMIの9月速報値は54.1だった。PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。

経済全体の力強い伸びが示されたものの、従業員・原材料・輸送手段不足が足かせとなり、新規受注の伸びは2021年初めの新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)解除直前以来の低水準となった。

一部企業は9月30日に予定されていた住宅購入者向けの優遇税制廃止が新規受注の伸び鈍化につながったと指摘した。

企業が欠員補充に苦慮する中、未処理業務が拡大。過去最高水準となった8月から雇用の伸びが鈍化したことは、政府の雇用維持制度の期限切れを月末に控え、一部の人員余剰状況を反映した。

企業の価格引き上げペースは総合PMIの算出が始まった1999年以来で最も大きくなった。サービス部門の投入コストも大幅に拡大したが、製造部門の伸びは比較的緩やかだった。

IHSマークイットは、今回のデータは英国の燃料危機や月末のエネルギー価格上昇によるインフレ圧力をまだ完全には反映していないとした。

9月のサービス部門PMI改定値は55.4。速報値は54.6だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング