1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

フィリピンCPI、10月は前年比+4.6%に鈍化 緩和策に継続余地

ロイター / 2021年11月5日 13時40分

フィリピン政府が5日発表した10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比4.6%と、3カ月ぶりの低水準に鈍化した。写真はマニラで2月撮影(2021年 ロイター/ELOISA LOPEZ)

[マニラ 5日 ロイター] - フィリピン政府が5日発表した10月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比4.6%と、3カ月ぶりの低水準に鈍化した。景気回復を支援するため、中銀が金融緩和政策をしばらく継続する余地が生じた。

エネルギーコストが上昇したものの、食品価格の伸びが鈍化した。9月のCPI伸び率は4.8%だった。

中銀は10月のCPI上昇率を4.5─5.3%と予測していた。ロイターがまとめた市場予想の中央値は4.9%だった。

変動の激しい食品と燃料価格を除いたコアCPI上昇率は3.4%で、前月の3.3%から加速した。

1─10月のCPI上昇率は平均4.5%で、中銀の今年の目標レンジである2─4%を上回っている。

年内のインフレ率は高止まりし、サプライサイドの圧力を受ける公算が大きいものの、中銀は総合インフレ率が2022年と23年に今年と同じ目標レンジに回帰すると見込んでいる。

フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は4日、新型コロナウイルス感染拡大の影響から経済を回復させるために、必要な限り緩和的な金融政策を維持すると表明した。

BDOユニバンクのチーフ市場ストラテジスト、ジョナサン・ラべラス氏はニュースチャンネルのANCに対し、「コアインフレ率は依然として2─4%に収まっており、中銀はなお緩和政策を維持する余地がある」と述べた。

これとは別に、統計局によると、9月の貿易赤字は40億ドル近くとなり、19年1月以降で最大となった。輸入の伸びが輸出を上回った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください