1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

スイス中銀、来週は金利据え置きへ インフレ鈍化受け=アナリスト

ロイター / 2023年12月5日 10時0分

[チューリヒ 4日 ロイター] - 11月のスイスのインフレ率が一段と低下したことを受け、アナリストらは4日、スイス国立銀行(中央銀行)が来週の会合で政策金利を1.75%に据え置く可能性があるとの見方を示した。

11月のインフレ率は前年比1.4%と10月1.7%から低下し、6カ月連続で中銀の目標レンジ(0─2%)内に収まった。

UBSのエコノミスト、マキシム・ボテロン氏は「11月インフレ率はわれわれの予想を下回った。第4・四半期のインフレ率は中銀の予測(前年比2.0%)を下回る可能性が高い」とし、今月14日の会合で利上げが行われる可能性は低いとの見方を示した。

スイス中銀のジョルダン総裁は先月、次回会合を前にインフレ動向を注視するとし、必要であれば追加の金融引き締めをためらわないと述べた。

市場は来週の会合で金利が据え置かれる確率を69%織り込み、1.5%への利下げの確率は31%と予想している。来年3月に1.5%への利下げが行われる確率は53%織り込んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください