1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

原油先物ほぼ横ばい、OPECプラス減産巡る不透明感と中東情勢受け

ロイター / 2023年12月5日 11時47分

 12月5日、アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。写真はカザフスタンのアティラウにある石油精製所で11月撮影(2023年 ロイター/Turar Kazangapov)

[シンガポール 5日 ロイター] - アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国でつくる「OPECプラス」の自主減産を巡り不透明感が漂う一方、中東情勢の緊張が続く中で供給懸念が高まっている。

北海ブレント先物は0.13ドル高の1バレル=78.16ドル、米WTI先物は0.18ドル高の73.22ドル。

CMCマーケッツのアナリスト、ティナ・テン氏は前日の原油相場について、OPECプラスの減産による影響に懐疑的な見方から下落し、ドル高も商品価格全般を圧迫したと指摘した。

OPECプラスは先週、2024年第1・四半期に日量約220万バレルの自主減産を実施することで合意した。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は、必要であればOPECプラスの減産を来年第1・四半期以降も「絶対に」継続できると述べた。ブルームバーグが4日報じた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください