1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ECB、バランスシート少なめにすべき=シュナーベル専務理事

ロイター / 2023年12月5日 17時9分

12月5日、 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事(写真)は、ロイターとのインタビューに応じ、ECBはバランスシートを少なめに維持すべきだと主張、市中銀行が資金を必要とする場合はECBから資金を借り入れることが望ましいと述べた。フランクフルトで2019年11月撮影(2023年 ロイター/Ralph Orlowski)

Balazs Koranyi

[フランクフルト 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は、ロイターとのインタビューに応じ、ECBはバランスシートを少なめに維持すべきだと主張、市中銀行が資金を必要とする場合はECBから資金を借り入れることが望ましいと述べた。

シュナーベル氏は、市中銀行がECBからいくら借り入れるか選択できるシステムが望ましいと主張。これに対し、ECBのレーン専務理事は、市中銀行が必要とする資金の少なくとも一部を債券買い入れや長期融資の形で供与すべきと主張している。

シュナーベル氏はユーロ圏は加盟国によって経済力や銀行システムが異なるため、「需要主導型」のアプローチが適切だと指摘。そうしたアプローチではECBのバランシートの規模を制限できる可能性も高まるとの見方を示した。

ただ「異なる手段を組み合わせることが合理的な可能性もある」とし、妥協点を模索する可能性も示した。

ECBの債券買い入れに依存することが多い南欧の当局者はレーン氏の主張に同調する可能性が高いとみられるが、資金力が豊富なユーロ圏北部の当局者はシュナーベル氏の主張を支持するとみられる。

シュナーベル氏は、ECBのバランスシートの最低規模が、紙幣需要や政府預金などの外生要因だけで、世界的な金融危機前の3倍前後になるとの見方も示した。

ECBのバランスシートは現在7兆ユーロ、金融危機前は1兆ユーロ強だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください