アメリカン航空の737MAXが緊急着陸、エンジン不具合で

ロイター / 2021年3月6日 7時44分

アメリカン航空は5日、フロリダ州マイアミからニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港に向かっていたボーイング737MAX機が、機械的なトラブルで機長がエンジンの一つを停止させ、緊急着陸したと発表した。昨年11月撮影(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)

[5日 ロイター] - アメリカン航空は5日、フロリダ州マイアミからニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港に向かっていたボーイング737MAX機が、機械的なトラブルで機長がエンジンの一つを停止させ、緊急着陸したと発表した。

この旅客機には乗客95人と乗員6人が搭乗し、ニューアークに無事着陸した。アメリカン航空によると、エンジンの油圧などに関連する不具合が考えられるが、同型機の2件の墜落事故につながった失速防止装置(MCAS)によるものではないという。

ボーイングは今回の問題を認識しているとし、連邦航空局(FAA)は調査の意向を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング