NZドル下落、全く懸念していない=アーダーン首相

ロイター / 2017年11月7日 8時0分

 11月7日、ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は、最近のNZドル下落について「全く」懸念していないと述べた。写真はウエリントンで10月撮影(2017年 ロイター/Charlotte Greenfield)

[シドニー 7日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は7日、最近のNZドル下落について「全く」懸念していないと述べた。

NZドルは9月の総選挙から5%余り下落。労働党とニュージーランド・ファースト党との新連立政権によるニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)改革を巡る先行き不透明感が主因とみられている。

首相は「(NZドルの)値動きは6カ月間の変動率の範囲内に十分収まっている」とし、「現時点では輸出企業が不満を漏らす水準でもないだろう」と語った。

ロイター

トピックスRSS

ランキング