弾劾裁判でトランプ大統領に無罪評決、共和党の造反ロムニー氏のみ

ロイター / 2020年2月6日 11時4分

米上院は5日、トランプ大統領の弾劾裁判で、2つの訴追条項のうち「権力乱用」について、52対48で無罪評決を出した。アイオワ州デモインで1月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米上院は5日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で、「権力乱用」と「議会妨害」の二つの訴追条項について無罪評決を出した。11月の米大統領選を前に共和党が結束し、トランプ氏の罷免は回避された。

上院全100議員が投じた票のうち、ウクライナ政府に政敵のバイデン前副大統領(民主党)の調査を要求した行為を巡る「権力乱用」は有罪48票、無罪52票で、有罪・罷免に必要な3分の2に届かなかった。共和党からは重鎮のロムニー議員が有罪に賛成票を投じたが、他に造反者は出なかった。

下院の弾劾調査に協力を拒否した「議会妨害」は有罪47票、無罪53票で、共和党と民主党(無所属含む)で票がはっきりと分かれた。

民主党が多数派を占める下院は12月18日にトランプ氏を弾劾訴追する決議案を可決。弾劾訴追された史上3人目の米大統領となった。

無罪評決を受けてホワイトハウスは、「民主党がでっち上げた偽りの弾劾は、トランプ大統領の正しさが完全に証明され、疑いが晴れる形で終わった。これまでわれわれが表明した通り、大統領は無罪だ」との声明を出した。

トランプ氏は、無罪評決後ツイッターに、2024年以降の大統領選のトランプ陣営の選挙ポスターが次々と表示され、最後は「Trump 4EVA(トランプ永遠に)」のポスターで終わる動画を掲載した。米国の大統領は任期が4年で、憲法の規定により2期までとなっている。

トランプ氏はまた、6日正午(日本時間7日午前2時)に演説し、「でっち上げの弾劾におけるこの国の勝利」について語るつもりだと表明した。

<トランプ支持率は安定推移>

トランプ氏の支持率は就任以降、大きく変動することなく推移しており、弾劾調査が始まってからもその傾向に変わりはなかった。白人男性、農村部の住民、福音主義のキリスト教信者、保守的なカトリック信者など主な支持基盤の顔ぶれは変わっていない。

ロイター/イプソスの3日実施の世論調査では、トランプ大統領の職務遂行能力に関する支持率は42%で、不支持率も54%と高い。9月に弾劾調査が始まった際の支持率は43%、不支持率は53%と、ほとんど変動していない。

再選を目指すトランプ大統領に共和党内で有力な対抗馬はおらず、8月の共和党全国大会で候補者指名を受けるとみられる。

共和党の上院トップ、マコネル院内総務は無罪評決後に記者団に、民主党は11月の議会選挙を有利に運ぶために弾劾裁判を利用したと批判し、これは「大きな間違い」だったと強調。ロムニー氏の造反については「驚き、失望した」と述べた。

民主党の上院トップ、シューマー院内総務は、不公平な裁判での無罪評決には何の価値もないと一蹴。「大統領はきっと、完全無実が証明されたと豪語するだろうが、われわれは真実を知っている。拡大解釈しても、これは裁判とは言えなかった」と語った。

弾劾裁判は1月16日に開廷。前週末に、民主党が求めるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らの証人招致に関する採決が行われ、否決されていた。

<造反のロムニー氏がトランプ氏批判>

2012年の大統領選で共和党の指名候補だったロムニー氏は、「権力乱用」に関する評決で有罪に賛成票を投じ、共和党で唯一の造反者となった。ロムニー氏は、ウクライナにバイデン氏の調査を働きかけた大統領の行為は「重大な誤り」だとし、トランプ氏は「国民の信頼をひどく悪用するという罪を犯した」などと非難した。

ロムニー氏は弾劾裁判で「われわれの選挙権、国家安全保障、基本的価値観に対する言語道断の攻撃だ。大統領の職を維持するために選挙を腐敗させるのは、就任宣誓への最悪の違反と言える」と主張した。

上院議員が弾劾裁判で、所属政党のメンバーの有罪に票を投じたのは、米史上初めて。

評決後、トランプ氏はロムニー氏を「民主党の秘密資産」と揶揄するビデオを投稿。ロムニー氏が12年の大統領選で民主党のオバマ氏に敗れたことにも触れた。

共和党では、造反したロムニー氏を批判する声が上がったが、理解を示す向きもあるようだ。ジョンソン上院議員は記者団に対し、ロムニー氏は「誠実な人だ。良心に従って投票したのだろう」と擁護した。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング