1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

クレディスイス、アルケゴス関連で費用47億ドル計上へ 幹部交代

ロイター / 2021年4月6日 17時41分

 4月6日、スイスの金融大手クレディ・スイスは、2021年第1・四半期に米アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連して44億スイスフラン(46億9000万ドル)の費用を計上し、税引き前損益が約9億フランの損失になるとの見通しを示した。写真はチューリッヒで3月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 6日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイスは6日、2021年第1・四半期に米アルケゴス・キャピタル・マネジメントに関連して44億スイスフラン(46億9000万ドル)の費用を計上し、税引き前損益が約9億フランの損失になるとの見通しを示した。

アルケゴス問題を受け一部幹部を交代。ララ・ワーナー最高リスク責任者(CRO)は直ちに、投資銀行部門責任者のブライアン・チン氏が4月末に退社する。

ゴットシュタイン最高経営責任者(CEO)は声明で「米系ヘッジファンド破綻によるプライムサービス業務での多大な損失は受け入れ難い。重大な教訓となる。当社は強大な機関であり続ける」と述べた。

配当は0.10フランとし、これまでの0.2926フランから引き下げた。自社株買いも停止する。

経営幹部の年末ボーナスと退任するローナー会長への2020-21年手当150万フランを撤回する。

暫定CROにはヨアヒム・エクスリン氏が、次期投資銀行部門ヘッドにはクリスチャン・マイスナー氏が就任する。

役員会はすでにアルケゴス関連の損失について調査を開始、グリーンシルを巡るファンドの問題についても調査を始めている。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング