1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ミャンマーのスーチー氏禁錮刑、4年から2年に減刑 欧米など反発

ロイター / 2021年12月7日 0時7分

 12月6日、ミャンマーの民主化指導者アウンサンスーチー氏(76)に対して、扇動罪と自然災害管理法違反の罪で禁錮刑が言い渡された。国営MRTVの報道によると、当初の刑期は4年だったが、軍事政権の恩赦により2年に減刑された。ネピドーで2019年1月撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[6日 ロイター] - ミャンマーの民主化指導者アウンサンスーチー氏(76)に対して6日、扇動罪と自然災害管理法違反の罪で禁錮刑が言い渡された。国営MRTVの報道によると、当初の刑期は4年だったが、軍事政権の恩赦により2年に減刑された。

大統領を務めていたウィンミン氏には禁錮4年の刑が言い渡された。2月1日の軍のクーデターで拘束された両氏に対する初の判決となった。

両氏は刑務所には送られず、現在拘束されている場所で服役することになるという。

両氏は容疑を否認。スーチー氏の支持者は政治的な動機に基づく裁判だと非難している。

スーチー氏は、汚職や国家機密法違反など、十数の容疑で訴追されており、最大で禁錮100年を超える刑を言い渡される可能性がある。

軍事政権は、独立した裁判所による公正な手続きだと主張。西側諸国はスーチー氏の解放を求めている。

訴訟はメディアには公開されておらず、スーチー氏の弁護士もメディアとの接触を禁止されている。

軍はスーチー氏をどこで拘束してるのか明らかにしておらず、今回の判決で同氏を巡る環境に変化が生じるのかどうか現時点で不明だ。

米国はスーチー氏が有罪判決を受けたことを批判し、即時釈放を求めている。ブリンケン米国務長官は声明を発表し、「軍事政権がスーチー氏に不当な有罪判決を下したことや、民主的に選出された議員らに弾圧を加えていることは、民主主義と正義に対する冒とくだ」と批判した。

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)も同様に、この判決を強く非難するとし「EUは、全ての政治犯および恣意的に拘束されている人々の、即時かつ無条件の釈放を改めて求める」と述べた。

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、スーチー氏の訴追はでっち上げだとし、今回の判決は全ての反対勢力を排除し、自由を抑圧する軍の決意を改めて示したと指摘。同団体のミン・ユー・ハー氏は声明文で「裁判所の滑稽で腐敗した判決は、軍のクーデター以来1300人以上が殺害され、数千人が逮捕されてきた恣意的な処罰の破滅的な過程の一部だ」と訴えた。

「ASEAN(東南アジア諸国連合)人権に関する国会議員の会(APHR)」は、裁判の結果にだまされる者はいないと表明。「クーデターの日以来、アウンサンスーチー氏や他の数十人の拘束された国会議員に対する訴追は、軍事政権が違法な権力掌握を正当化するための言い訳にすぎないことが明らかになっている」とする声明を発表した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください