1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ユーロ圏総合PMI、10月改定46.5 景気後退リスク高まる

ロイター / 2023年11月6日 20時10分

S&Pグローバルがまとめた10月のユーロ圏のHCOB総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は46.5で、前月の47.2から低下した。写真はパリで9月撮影(2023年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[ロンドン 6日 ロイター] - S&Pグローバルがまとめた10月のユーロ圏のHCOB総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は46.5で、前月の47.2から低下した。新型コロナウイルス規制が強化されていた2020年11月以降で最低となった。

ユーロ圏の景気後退(リセッション)リスクが高まっていることを浮き彫りにした。好不況の分かれ目となる50を5カ月連続で下回った。速報値から変更はなかった。

サービス業の需要が一段と減少した。10月のサービス部門PMI改定値は47.8。前月の48.7から低下した。速報値から変更はなかった。

ハンブルク商業銀行のチーフエコノミスト、サイラス・デラルビア氏は「ユーロ圏のサービス部門は第4・四半期の初めからつまづいているようだ。新規受注が急減しており、今後の明るい見通しは描けない」と指摘。

「ユーロ圏の域内総生産(GDP)は第4・四半期に減少する可能性が十分にある」とし、主要国ではフランスの経済情勢が最も悪く、ドイツとイタリアもフランスに近い状態という。

サービス部門の新規受注指数は46.4から45.6に低下し、21年初頭以来の低水準。物価や借り入れコストの上昇が響いた。

総合産出価格指数は52.2から52.0に低下。21年初め以来の低水準となった。

キャピタル・エコノミクスのエイドリアン・プレッテジョン氏は「PMI改定値は、ユーロ圏GDPが第4・四半期に再び縮小するという当社の予想と整合的だ。見通しも非常に悪い。新規受注はパンデミック初期を除いて12年9月以来の低水準だ。輸出も非常に弱い」と指摘した。

域内サービス部門はドイツが再び50を下回り、フランスは引き続き50を下回った。イタリアも3カ月連続で50を下回り1年ぶりの低水準となった。スペインは50.5から51.1に上昇した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください