1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国国有銀行、2日連続でドル売り 人民元買い支え=関係筋

ロイター / 2023年12月6日 12時45分

 12月6日、中国の主要国有銀行は6日、オンショア(本土)市場で人民元支援のため、ドル売り・元買いの取引を行った。写真はシンガポールで2017年6月撮影(2023年 ロイター/Thomas White)

[上海 6日 ロイター] - 中国の主要国有銀行は6日、オンショア(本土)市場で人民元支援のため、2日連続でドル売り・元買いの取引を行った。事情に詳しい関係筋3人が明らかにした。

格付け会社ムーディーズが中国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更したことを受け、元相場には再び下落圧力が強まっている。

国有銀行は通常、中国人民銀行(中央銀行)の委託で為替取引を行うが、自己勘定や顧客の委託で取引を行っている可能性もある。

関係筋によると、国有銀行は前日も人民元を買い支えており、ムーディーズの発表後、ドル売りを大幅に増やした。

国有銀行は6日午前も再びドル売りを出しているが、規模は比較的小さい。元安を受けて、一部の輸出業者が外貨を元に替えており、元の下支え要因になっている。

中国の輸出業者は、賞与の支払いなど、さまざまな要因で年末にかけて外貨を元に替えることが多い。

国有銀行のドル売りにもかかわらず、6日の人民元は下落。

スポット市場のオンショア人民元CNY=CFXS>は1ドル=7.1570元で取引を開始。0300GMT(日本時間午後0時)時点で前日終値比88ポイント安の7.1568元。

オフショア人民元は0300GMT時点で1ドル=7.1641元。

人民元は11月に2.55%上昇と、月間ベースで今年最大の値上がりを記録したが、年初来では依然3.6%下落している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください