1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米ウーバー、年末商戦期の需要堅調見込む 第3四半期はさえず

ロイター / 2023年11月8日 8時15分

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズが11月7日発表した第3・四半期決算は、会計上の変更が影響して売上高の伸びが低迷した。3月22日、ワルシャワで撮影(2023年 ロイター/Toby Melville)

Yuvraj Malik

[7日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズが7日発表した第3・四半期決算は、会計上の変更が影響して売上高の伸びが低迷した。一方、年末商戦を含む第4・四半期については強い需要を見込み、利益見通しが市場予想を上回った。

第3・四半期は一部の収益認識方法を変更したことを受け、配車、食品宅配事業の伸びに8%ポイントの影響が生じ、売上高が予想を下回った。

ただ、ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は強気の見方を維持し「1年で最も忙しい時期に入る中、当社プラットフォームでの消費者の需要は引き続き健全だ」と述べた。

第4・四半期の調整後コア利益見通しは11億8000万─12億4000万ドルと、LSEGがまとめたアナリスト予想(11億5000万ドル)を上回った。

グロスブッキングの見通しは365億─375億ドル。市場予想は363億1000万ドルだった。

第3・四半期の売上高は92億9000万ドルと予想の95億2000万ドルを下回り、2021年以降最も低い伸びとなった。

調整後コア利益は10億9000万ドルと予想の10億2000万ドルを上回った。1株当たり純利益は予想を0.02ドル下回った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください