1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ビットコイン、来年初めまでに10万ドルに到達=スタンチャート

ロイター / 2021年9月8日 19時43分

スタンダード・チャータードが新設した暗号資産(仮想通貨)リサーチ部門は、ビットコインの価値が、来年初めまでに現在の約2倍の10万ドルに達すると予測、中・長期的には最高で17万5000ドルに上昇する可能性があるとの見方を示した。(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ロンドン 8日 ロイター] - スタンダード・チャータードが新設した暗号資産(仮想通貨)リサーチ部門は、ビットコインの価値が、来年初めまでに現在の約2倍の10万ドルに達すると予測、中・長期的には最高で17万5000ドルに上昇する可能性があるとの見方を示した。

イーサリアムについても、「構造的な」価値は2万6000ー3万5000ドルだと指摘。ただ、この水準に達するには、ビットコインが17万5000ドル近くで取引されている必要があるとしている。

同部門は7日に顧客に送付したリポートで「ビットコインは、将来のキャッシュレスの世界で、世界中の銀行口座を持たない人々の間で、交換手段として、ピアーツーピア決済方式で主流になる可能性がある」と指摘。「循環的には、今年末から来年初めに10万ドル前後でピークに達すると予想している」と述べた。

新部門は、新興国通貨リサーチ担当グローバルヘッドのジェフリー・ケンドリック氏が統括している。

8日序盤の欧州市場では、ビットコインが4万6024ドル、イーサリアムが3366ドルで取引されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング