1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

補正で新規国債8兆8750億円追加へ、公債依存度34.9%に=政府筋

ロイター / 2023年11月8日 16時48分

 11月8日、政府は、近く閣議決定する2023年度補正予算案で、不足財源を補う新規国債を8兆8750億円追加する方針だ。写真は2021年5月、国会議事堂前で撮影(2023年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

Takaya Yamaguchi

[東京 8日 ロイター] - 政府は、近く閣議決定する2023年度補正予算案で、不足財源を補う新規国債を8兆8750億円追加する方針だ。複数の政府筋が明らかにした。補正編成に先立つ総合経済対策の関係経費を盛り込み、公債依存度は34.9%に悪化する。

歳出では、対策関係経費13兆1272億円に加え、防衛力強化のための資金や国債整理基金特別会計への繰り入れなどを計上する。予備費減額など、すでに措置した経費を差し引いても歳出総額は13兆1992億円となる。

歳入には主財源となる税収の上振れ分のほか、税外収入を計上する。前年度の剰余金も受け入れ、これらの差額を新たな借金で賄う。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください