1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

バグダッドの米大使館に迫撃砲7発、死傷者なし

ロイター / 2023年12月9日 7時35分

米軍当局者によると、イラクの首都バグダッドにある米大使館の敷地内に8日未明、約7発の迫撃砲弾が着弾した。着弾しなかったもののさらに多くの砲弾が発射された可能性もあるという。写真は2020年1月、イラクに駐留する米軍(2023年 ロイター/John Davison)

Phil Stewart Idrees Ali Timour Azhari

[ワシントン/バグダッド 8日 ロイター] - 米軍当局者によると、イラクの首都バグダッドにある米大使館の敷地内に8日未明、約7発の迫撃砲弾が着弾した。着弾しなかったもののさらに多くの砲弾が発射された可能性もあるという。

高官によると、被害は非常に軽微で負傷者はいなかった。

米大使館が攻撃されたのは約1年ぶり。10月中旬以降、米軍が駐留する軍事基地が頻繁に攻撃を受ける中、今回は標的の範囲が広がったとみられる。

現時点で犯行声明は出ていない。ただ、米軍は過去に「イラクのイスラム抵抗運動」の名の下で活動するイランの武装勢力による攻撃を受けている。

この日は、イラクとシリアの米軍が少なくとも5回、ロケット弾とドローン(小型無人機)による攻撃を受けた。

米国大使館の報道官はイラク政府に対し、外交官や軍の要員、施設を守るために全力を尽くすよう求めた。米国務省はイラクの治安部隊に対し直ちに捜査を実施するよう要請した。

防衛当局によると、イラクとシリアの米軍は10月17日以降、少なくとも84回の攻撃を受けている。

イスラエル北隣のレバノンに拠点を置く親イラン組織ヒズボラ幹部のアリ・ダムーシュ氏はこの日、中東全域で見られているイラン系の集団による攻撃は、イスラエルにパレスチナ自治区ガザへの攻撃を停止させることを目的としていると述べた。ただ、この日の攻撃については特に言及しなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください