インドネシア、デジタル課税対象にツイッターなど12社追加

ロイター / 2020年9月9日 12時27分

 インドネシア財務省税務総局は9月8日、売り上げに10%の付加価値税(VAT)を課税する対象のIT企業に、さらに12社を追加したと発表した。写真はスマートフォン上に表示されたツイッターのロゴ。ロサンゼルスで昨年7月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[ジャカルタ 8日 ロイター] - インドネシア財務省税務総局は8日、売り上げに10%の付加価値税(VAT)を課税する対象のIT企業に、さらに12社を追加したと発表した。

インターネット短文投稿サイトを運営する米ツイッター の関連会社のほか、ビデオ会議システムを手掛ける米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ や同業のスカイプ・コミュニケーションズ、ビジネス向け会員制交流サイト(SNS)最大手の米リンクトインのシンガポール法人、米マイクロソフトのアイルランド法人などが含まれる。

インドネシア当局は7月に、米グーグルのアジア太平洋部門、ネットフリックス やフェイスブック などのIT企業をVAT課税対象にすると発表していた。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)でリモートワークが増加し、オンラインビジネスへの移行が進んだこと、パンデミックが政府財政を直撃したことが今回の追加の背景にあるとみられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング