1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

銀行・信金の貸出平残、10月は+0.9% 地銀で不動産関連が増加

ロイター / 2021年11月9日 9時55分

11月9日、日銀が発表した10月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比0.9%増の577兆8579億円となった。写真は円紙幣。2010年8月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(検索コードを修正して再送します。)

[東京 9日 ロイター] - 日銀が9日に発表した10月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比0.9%増の577兆8579億円となった。都銀等で減少率が縮小したことに加え、地銀・第二地銀では住宅ローン中心に不動産関連貸出が増え、伸び率が拡大した。

都銀等の貸出平残は0.6%減となり、前月の1.1%減から減少率が縮小した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて予備的に借り入れていた資金の返済が落ち着いたほか、円安の進展で外貨建て貸出の円換算ベースが増えた。

地銀・第二地銀は2.1%増と前月の1.8%増から伸び率が拡大。貸出平残は271兆5064億円で過去最高を更新した。信金は1.3%増と、前月から伸びが鈍化した。

10月の預金平残は都銀・地銀・第二地銀の3業態計で4.7%増の830兆0628億円となった。

(和田崇彦 編集:山川薫)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください