1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

台湾TSMC、南部高雄市に新工場設立 半導体不足に対応

ロイター / 2021年11月10日 0時38分

半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は9日、台湾南部の高雄市に新たな半導体工場を設立すると発表した。写真は1月19日撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 9日 ロイター] - 半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は9日、台湾南部の高雄市に新たな半導体工場を設立すると発表した。世界的に半導体が不足する中、生産量の増加を図る。

同社の声明によると、新工場の建設は2022年、生産開始は2024年の予定。最先端の7ナノメートル半導体と、28ナノメートル半導体を生産する予定。建設費用は明らかにしなかった。

同社は米アップルの主要サプライヤー。

これより先、ソニーグループは、TSMCが熊本県に設立する半導体製造子会社にソニーセミコンダクタソリューションズ(SSS)が約570億円出資すると発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください