1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

豪競争当局、シドニー空港買収を承認 170億米ドル規模

ロイター / 2021年12月9日 10時22分

オーストラリアの反トラスト当局、豪競争・消費者委員会(ACCC)は9日、インフラ投資共同事業体(コンソーシアム)「シドニー・アビエーション・アライアンス(SAA)」による236億豪ドル(169億2000万米ドル)のシドニー・エアポート・ホールディングス買収を承認した。写真は2020年11月撮影、シドニー空港(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[9日 ロイター] - オーストラリアの反トラスト当局、豪競争・消費者委員会(ACCC)は9日、インフラ投資共同事業体(コンソーシアム)「シドニー・アビエーション・アライアンス(SAA)」による236億豪ドル(169億2000万米ドル)のシドニー・エアポート・ホールディングス買収を承認した。

空港運営のシドニー・エアポートは先月、豪州のIFMインベスターズ、Qスーパー、オーストラリアンスーパー、米グローバル・インフラストラクチャー・パートナーズで構成されるSAAの買収提案を受け入れた。

ACCCは、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、アデレードの空港間のクロスオーナーシップに関する評価では競争が限られており、SAAのいずれかの事業体が空港の経営権を握る可能性は低いことが分かったとした。

買収により競争が弱まる可能性は低いとし、IFMに豪空港の株式売却は求めなかった。

IFMはメルボルンの空港に25%超、ブリスベンの空港に20%出資するなど豪国内の9空港の株式を保有している。

シドニー・エアポートは発表文書でACCCの声明に言及し、買収に関して欧州委員会からも承認を得たと明らかにした。

オーストラリア外資審議会(FIRB)や株主の承認も必要となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください