1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

高級EVポールスター、増収でも赤字拡大 納車見通し下方修正

ロイター / 2023年11月9日 13時27分

スウェーデンの高級電気自動車(EV)メーカー、ポールスターが11月8日発表した第3・四半期決算は、売上高が前年同期比41%増の6億1320万ドルとなった。車両価格の引き上げが増収に寄与した。写真は同社の電動SUV。ノルウェーで2022年11月撮影(2023年 ロイター/Victoria Klesty)

Abhirup Roy

[8日 ロイター] - スウェーデンの高級電気自動車(EV)メーカー、ポールスターが8日発表した第3・四半期決算は、売上高が前年同期比41%増の6億1320万ドルとなった。車両価格の引き上げが増収に寄与した。

だが経費の増加が響き、営業損益は2億6120万ドルの赤字を計上、赤字幅は前年同期から33%拡大した。

第3・四半期末時点の現金と現金同等資産は9億5110万ドル。前期末時点では10億6000万ドルとなっていた。

EV需要の鈍化に対する懸念と世界経済の先行き不透明感が漂う中、ポールスターは今年の納車台数見通しを従来予想の6万─7万台から下限の約6万台に修正。粗利益率の見通しは従来予想の4%から2%に引き下げた。

同社は利益率を高めるためコスト削減をさらに強化すると表明。主要株主のボルボ・カーズと中国の吉利汽車から、2027年6月に返済期限を迎える総額4億5000万ドルのタームローンを新たに確保したと明らかにした。

トーマス・インゲンラート最高経営責任者(CEO)は、同社は大衆車ではなく高級車の販売に軸足を置き、販売台数よりも収益性を追求していると説明し、値下げは避ける方針を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください