世銀、19年のロシアGDP伸び率見通しを1%に下方修正

ロイター / 2019年10月10日 14時1分

 10月9日、世界銀行は、2019年のロシアの国内総生産(GDP)伸び率見通しを、従来の1.2%から1.0%に引き下げた。写真はモスクワのショッピングモールで昨年7月撮影(2019年 ロイター/Albert Gea)

[モスクワ 9日 ロイター] - 世界銀行は9日、2019年のロシアの国内総生産(GDP)伸び率見通しを、従来の1.2%から1.0%に引き下げた。18年は2.3%で、6年ぶりの高水準だった。

下方修正は今年4度目。ロシア中央銀行の見通しは先月0.8─1.3%に引き下げられており、世銀の見通しはこれに近づいた形だ。

世銀は20年の見通しについても、従来の1.8%から1.7%に下方修正した。

世銀は欧州と中央アジアに関するリポートで、「(ロシアの)景気減速は複数の要因に起因しており、経済制裁が続いている状況によって悪化している」と述べた。

その上で「成長が予想以上に鈍化した場合、貿易や金融でロシアと緊密な関係を維持している中欧や東欧、南部コーカサスに波及する恐れがある」と分析した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング