独シンクタンクDIW、今年の成長率予想引き上げ マイナス6%

ロイター / 2020年9月10日 19時14分

[ベルリン 10日 ロイター] - ドイツの有力シンクタンク、ドイツ経済研究所(DIW)は10日、今年のドイツの成長率予想をマイナス9.4%からマイナス6%に上方修正した。

DIWのアナリスト、クラウス・ミヒェルセン氏は「ドイツ経済は、それを取り巻く環境を考えると順調だ」と述べた。

来年の成長率予想も6月時点の3%から4.1%に引き上げた。

ただ、新型コロナウイルスのパンデミックで状況が悪化する可能性は依然あるとし、「この危機がすぐに終わると考えるのは間違いだ」とマルセル・フラッシャー所長は述べた。

第2・四半期の国内総生産(GDP)は前期比9.7%減と、統計開始以来、最大の落ち込みを記録した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング