1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新規上場の米新興EVリビアン、時価総額が一時1000億ドル突破

ロイター / 2021年11月11日 8時46分

11月10日、米アマゾン・ドット・コムが出資する新興電気自動車(EV)メーカーの米リビアン・オートモーティブがナスダック市場に新規上場した。写真はリビアンのロゴ 。ニューヨークで撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[10日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムが出資する新興電気自動車(EV)メーカーの米リビアン・オートモーティブが10日、ナスダック市場に新規上場した。株価は一時53%上昇し、時価総額は1000億ドルを突破した。

米自動車メーカーの時価総額としては、EV大手テスラの1兆0100億ドルに次ぐ2番目の大きさとなった。新興企業にもかかわらず、ゼネラル・モーターズ(GM)の850億ドル、フォード・モーターの770億ドルのほか、ルーシッド・グループの650億ドルも上回った。

株価は公開価格の78ドルを大きく上回る106.75ドルの初値を付け、その後さらに119.46ドルまで上昇した。終値は29.1%高の100.73ドルだった。

ピッチブックのシニアアナリスト、アサド・フセイン氏は「リビアンのIPOは、電動化とモビリティー技術に対する投資家の強い関心を示すものだ」と述べた。

リビアンはIPOで約120億ドルを調達。今年のIPOとしては世界最大となった。調達額はオーバーアロットメントが行使された場合、137億ドルに拡大する可能性がある。

アマゾンはリビアンの株式20%保有する最大株主。リビアンにはフォードも約12%出資している。フォードは保有株に関する計画に言及しなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください