世界のコロナ感染者、2000万人突破 米・ブラジル・印が半数強

ロイター / 2020年8月11日 4時13分

世界中の新型コロナウイルス感染者が10日、2000万人を突破したことがロイターの集計で分かった。ニューヨークで7日撮影(2020年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[10日 ロイター] - 世界中の新型コロナウイルス感染者が10日、2000万人を突破したことがロイターの集計で分かった。このうち米国、ブラジル、インドの感染者数が全体の半数以上を占めている。コロナ感染による死者は73万人を超えた。

コロナ感染者数は、今年1月上旬に中国湖北省武漢市で確認されて以降、約半年で1000万人に増加。その後わずか43日で2倍となる2000万人に拡大した。

国別では、米国が約500万人、ブラジルが300万人、インドが200万人。ロシアや南アフリカでの感染も目立つ。また中南米での感染が急増しており、感染者は全体の約28%、死者は全体の30%強を占めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング