トランプ氏、国勢調査で市民権の質問追加を断念 別手段で調査へ

ロイター / 2019年7月12日 8時39分

7月11日、トランプ米大統領は、2020年国勢調査に市民権に関する質問を追加する計画を取り下げると発表した。写真はホワイトハウスで取り下げを発表するトランプ氏(2019年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、2020年国勢調査に市民権に関する質問を追加する計画を取り下げると発表した。ただ、別の手段で市民権に関するデータを入手すると強調した。

大統領はホワイトハウスで行った発表で「米国住民の市民権の有無を特定する取り組みは撤回しない」と述べた。

その上で、国内の市民と非市民の数に関して求められた全記録を商務省に提出するようすべての連邦政府機関に指示すると表明。「石を1つ残らずひっくり返す」と述べ、徹底的に調べる構えを示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング