1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米エクソン、バイオ燃料会社に出資 温暖化対策の取り組み強化

ロイター / 2022年1月12日 14時58分

 1月11日、米石油メジャーのエクソンモービルは、ノルウェーのバイオ燃料会社バイオジェットASの株式49.9%を取得したと発表した。写真はエクソンモービルのロゴ。リオデジャネイロで2018年9月撮影(2022年 ロイター/Sergio Moraes)

[11日 ロイター] - 米石油メジャーのエクソンモービルは11日、ノルウェーのバイオ燃料会社バイオジェットASの株式49.9%を取得したと発表した。温室効果ガスの排出量削減目標達成に向け、低酸素ビジネスへの投資を拡大する。

投資家や各国政府は、化石燃料から排出される二酸化炭素がもたらす気候変動への対策を強化するようエネルギー企業への圧力を強めている。エクソンに対しては、ヘッジファンドが温暖化対策への取り組みを強化するため新たな取締役を加えるよう求めている。

エクソンによると、バイオジェットASへの出資でバイオ燃料を年間最大300万バレル購入することが可能になるという。株式取得額は公表していない。バイオ燃料は乗用車や大型トラックに使用できる。

バイオジェットは、林業や建設廃棄物からバイオ燃料を製造する施設を最大5カ所建設する計画で、ノルウェーに建設予定の工場で2025年に商業生産を開始する予定。

エクソンは昨年12月、30年までに米パーミアン盆地事業からの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください