1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京マーケット・サマリー

ロイター / 2023年11月13日 18時24分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 151.74/151.75 1.0691/1.0695 162.24/162.28

NY午後5時 151.50/151.53 1.0684/1.0688 161.86/161.90

午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の終盤からやや円安の151円後半で取引されている。週明け後も低金利の円が売られる地合いに変化はなく、ドルは午後3時過ぎに一時151.80円まで上昇し、1年ぶり高値を更新した。

<株式市場>

終値 前日比 寄り付き 安値/高値

日経平均 32585.11 +17.00 32818.15 32,499.28─32,913.31

TOPIX 2336.62 -0.10 2350.44 2,330.69─2,351.83

プライム市場指数 1202.59 -0.04 1210.18 1,199.63─1,210.36

スタンダード市場指数 1122.85 -1.31 1126.48 1,121.12─1,128.67

グロース市場指数 867.35 -2.17 873.05 864.77─876.88

グロース250指数 678.06 -1.10 682.26 675.74─686.13

東証出来高(万株) 147989 東証売買代金(億円) 37410.23

東京株式市場で日経平均は、前営業日比17円00銭高の3万2585円11銭と、小幅に反発して取引を終えた。朝方には前週末の米株高を好感して買いが先行したが、心理的節目の3万3000円を前に利益確定売りが上値を抑えた。米政府閉鎖への懸念もくすぶり、小幅マイナスに転じる場面もあった。

東証プライム市場の騰落数は、値上がりが608銘柄(36%)、値下がりは1000銘柄(60%)、変わらずは51銘柄(3%)だった。

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.014%

ユーロ円金先(23年12月限) ───

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.014%になった。「市場参加者の調達意欲が強く、積み最終日までレートの高止まりが続きそうだ」(国内金融機関)という。

<円債市場> 

国債先物・23年12月限 144.38 (-0.16)

安値─高値 144.18─144.45

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.870% (+0.020)

安値─高値 0.895─0.870%

国債先物中心限月12月限は、前営業日比16銭安の144円38銭と続落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比2.0bp上昇の0.870%。前週末の米金利の上昇を反映し円債市場は軟調で、現物債市場では超長期ゾーンを中心に金利上昇圧力が強まった。

<スワップ市場> 18時10分現在の気配

2年物 0.39─0.29

3年物 0.54─0.44

4年物 0.65─0.55

5年物 0.75─0.65

7年物 0.94─0.84

10年物 1.17─1.07

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください