EU、米国の関税に慎重に対応すべき=WTO事務局次長

ロイター / 2018年6月14日 19時25分

 6月14日、世界貿易機関(WTO)のブラウナー事務局次長は米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について、WTOのルールに基づく根拠はないが、欧州連合(EU)はこの措置に慎重に対応すべきだとの考えを示した。2016年6月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

[ベルリン 14日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)のブラウナー事務局次長は米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限について、WTOのルールに基づく根拠はないが、欧州連合(EU)はこの措置に慎重に対応すべきだとの考えを示した。

独経済誌ヴィルトシャフツ・ヴォッヘに対して語った。

同次長は「米国が課した関税にWTO法上の根拠は見られない」としつつ、「貿易戦争は自然にわき起こるものではない。ある行動に対して反応があった場合にのみ起きるものだ。そして連鎖反応の引き金を引く可能性がある」と指摘。

EUは「域内ビジネスの巻き添え被害を最小化するため、極めて慎重になり、(EUが)計画している関税を微調整」すべきだと述べた。

ロイター

トピックスRSS

ランキング