健康危機監視組織GPMB、コロナ巡る政治指導者全体の失敗を批判

ロイター / 2020年9月14日 15時11分

世界保健機関(WHO)や世界銀行が立ち上げた組織「世界健康危機モニタリング委員会(GPMB)」は、感染症流行に対する警告を聞き入れなかったり、準備を怠ったりした政治指導者全体の失敗が「危機にさらされている世界」を「秩序が乱れた世界」に変えたとする報告書を公表した。写真はマスクを着用している移民労働者。2020年5月15日にシンガポールで撮影。(2020年 ロイター/Edgar Su)

[ロンドン 14日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)や世界銀行が立ち上げた組織「世界健康危機モニタリング委員会(GPMB)」は、感染症流行に対する警告を聞き入れなかったり、準備を怠ったりした政治指導者全体の失敗が「危機にさらされている世界」を「秩序が乱れた世界」に変えたとする報告書を公表した。

報告書は「準備に対する財政・政治的な投資が不十分だった。そしてわれわれは皆そのつけを払っている」と指摘。「世界がそうした措置を取る機会がなかったわけではない」とした上で、「過去10年にわたり行動を求める数多くの声があったものの、必要な変化は起きなかった」と付け加えた。

GPMBは元WHO事務局長のグロ・ハーレム・ブルントラント氏が委員長を務めている。同氏はWHOを監視する独立機関のトップも務めている。

中国で新型コロナウイルスが明らかになる数カ月前に公表された2019年版のGPMB報告書は「致命的な呼吸器病原体によって急速に広がるパンデミック(世界的大流行)」の真の脅威があるとし、こうしたイベントが数百万人を死に至らしめ、世界経済に大損害を与える可能性があると警告した。

「秩序が乱れた世界」と題した今年の報告書は、世界の指導者が「壊滅的なパンデミックの危険性をこれほど明確にあらかじめ警告されていた」ことはこれまでになかったと指摘。世界の指導者は適切な行動を取らなかったとした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング