日経平均は続伸、米株先物高好感するが後半は模様眺めに

ロイター / 2020年9月14日 16時7分

東京株式市場で日経平均は続伸。前週末の米国株式市場は伸び悩んだが、週明けの時間外取引における米株先物が堅調に推移したことを好感して、相場全般は幅広く物色された。株価表示板の前を通行する男性。2020年9月14日に撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] -

日経平均<.N225>

終値      23559.30 +152.81

寄り付き    23431.16

安値/高値   23429.42─23582.21

TOPIX<.TOPX>

終値       1651.10 +14.46

寄り付き     1641.13

安値/高値    1640.53─1652.20

東証出来高(万株) 117631

東証売買代金(億円) 21982.73

東京株式市場で日経平均は続伸。前週末の米国株式市場は伸び悩んだが、週明けの時間外取引における米株先物が堅調に推移したことを好感して、相場全般は幅広く物色された。ただ、自民党総裁選を見極めたいとの見方や、今週は内外で重要イベントが多数控えるため後半は模様眺めとなり、日経平均の後場の振れ幅は上下にわずか42円66銭だった。

前週末11日の米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

一方、週明けの時間外取引における米株先物はしっかりで始まり、これが好感される形で日本株は朝方から買い優勢となった。ただ、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)をはじめ重要日程が目白押しで、さらに、自民党総裁選挙で菅義偉官房長官が勝利し組閣が注目されるなど、見極めたい材料が多いとされ、後半は見送られた。

市場では「日本経済に影響を及ぼす中国景気の持ち直し度合いを注視したいところだが、企業業績の回復期待を背景にしたバリュー株物色を支えに、日本株は米国株に比べて底堅く推移するとみている」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジスト・澤田麻希氏)との声が聞かれる。

TOPIXも続伸。東証33業種は、パルプ・紙、非鉄金属、保険業、金属製品、建設業などの上昇が目立ち、値下がりは海運業などの3業種にとどまっている。東証1部の売買代金は2兆1982億7300万円だった。

個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が商いを伴い大幅上昇となったほか、トヨタ自動車<7203.T>など主力の輸出関連株も総じてしっかり。半面、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>が軟調に推移した。

東証1部の騰落数は、値上がり1619銘柄に対し、値下がりが471銘柄、変わらずが83銘柄だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング