第2四半期ユーロ圏GDP改定値、前年比-15.0% 6月貿易黒字は増加

ロイター / 2020年8月14日 19時57分

 8月14日、EU統計局が発表した第2・四半期のユーロ圏GDP改定値は前期比12.1%減と過去最大とマイナスとなった。写真はハンブルクで2014年9月撮影(2020年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ブリュッセル 14日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が14日発表した第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値は前期比12.1%減と過去最大とマイナスとなった。

ロイターがまとめたアナリスト予想と一致した。

前年同期比では15.0%減とこちらも市場予想と一致した。

同時に発表した6月の貿易収支(季節調整前)は黒字額が212億ユーロ(250億ドル)と前年同月の194億ユーロから増加した。輸出入ともに減少したが、輸入の減少幅のほうが大きかった。

市場予想は126億ユーロの黒字だった。

輸入は12.2%、輸出は10%それぞれ前年比で減少した。

EU全体の貿易収支は207億ユーロの黒字となった。ユーロ圏と同様に輸入の減少幅が輸出の減少を上回った。

国別では英国、米国との貿易額が大きく落ち込む一方で、対中貿易は小幅な減少にとどまった。

また統計局によると、第2・四半期のユーロ圏就業者数は前期比2.8%減と1995年の統計開始以来最大の減少となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング