1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

インド首都で週末の外出禁止、ムンバイも封鎖 コロナ感染急拡大で

ロイター / 2021年4月15日 17時38分

 4月15日、インド保健省が公表したデータによると、同国の1日当たりの新型コロナウイルス感染者が初めて20万人を突破した。写真は新型コロナウイルス感染症の病院に入るのを救急車のなかで待つ患者達。インドのアフマダーバート(アーメダバードの表記も)で14日撮影(2021年 ロイター/Amit Dave)

[ニューデリー/ベンガルール 15日 ロイター] - インドの首都ニューデリーで、週末の外出禁止措置が取られることとなった。新型コロナウイルス感染者数が爆発的に増加していることを受けた。

当局者によると、商業施設やジム、飲食店などは閉鎖となり、一部の必要不可欠なサービスのみ営業が許可される。

保健省が15日公表したデータによると、同国の1日当たりの新型コロナ感染者が初めて20万人を突破した。

過去24時間での感染者は20万0739人と過去最高を記録。死者は1038人だった。

ニューデリーでも1日当たりの感染者数は過去最多を記録しており、医療関係者らは2020年よりも致死率が高くなる可能性があると警告。ある医師は「このウイルスは感染力と毒性が強くなっている。状況は混沌としている」と述べた。

新型コロナ患者を受け入れている多くの病院が病床と人工呼吸器などの医療装置の深刻な不足を訴える中、金融都市ムンバイもロックダウン(都市封鎖)に入った。

1日当たりの感染者数は、過去8日間のうち7日間で過去最多を記録している。第2波の中心地となっているのはムンバイがあるインド西部のマハラシュトラ州で、国内感染者全体の約4分の1を占めている。

インドの新型コロナ感染者は累計1410万人に達し、世界で最多の米国(3140万人)に次いで2番目に多い。死者は累計17万3123人となった。

*内容を追加しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング