元共和党大統領候補ロムニー氏、ユタ州上院議員に立候補へ=関係筋

ロイター / 2018年2月15日 11時38分

<description role="descRole:caption"> 2月14日、関係筋によると、2012年の大統領選で共和党候補だったロムニー元マサチューセッツ州知事(写真)が、ユタ州の上院議員に立候補する見通しだ。写真はニューヨークで2016年11月撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson) </description>

[ワシントン 14日 ロイター] - 関係筋によると、2012年の大統領選で共和党候補だったロムニー元マサチューセッツ州知事が、ユタ州の上院議員に立候補する見通しだ。

ロムニー氏は15日に発表を行うとみられていたが、自身のツイッターで、「フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件の被害者とその家族に配慮し、上院選に関する発表は15日には行わない」と述べた。

関係筋によると、ロムニー氏は「ユタの価値観をワシントンに吹き込む」と表明する見通しで、ユタ州を中心に据えた選挙戦を展開するとみられている。

ロムニー氏は12年の大統領選で共和党候補に指名されたが、民主党のオバマ候補に敗れた。16年には共和党の指名候補争いに名乗りを上げず、党員にトランプ氏を支持しないよう呼びかけた。

トランプ大統領はこれまでに、ユタ州のハッチ上院議員に再選を目指すよう促したが、ハッチ氏は出馬しない意向を固めた。

ロムニー氏はユタ州とカリフォルニア州に家を保有している。

ロイター

トピックスRSS

ランキング