米マイクロソフト、ゲーム開発者支援の新クラウドサービスを開始

ロイター / 2019年3月15日 9時49分

 3月14日、米マイクロソフトは、ビデオゲームとクラウドサービス事業を統合し、ゲーム開発業者を支援する新たなクラウドサービスを始めると発表した。写真はマイクロソフトのロゴ。昨年3月に撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 米マイクロソフト は14日、ビデオゲームとクラウドサービス事業を統合し、ゲーム開発業者を支援する新たなクラウドサービスを始めると発表した。家庭用ゲーム機「xbox(エックスボックス)」事業をてこにして、アマゾン・ドット・コム のクラウドサービスに対抗する。

ゲーム開発者が大勢のプレイヤーの参加するゲームを主催したり、同じようなレベルのプレイヤー同士を組み合わせたりできるようにする。アップルやグーグルなど競合する基本ソフト(OS)の端末のゲームでも使えるようにする。

マイクロソフトのゲーム担当副社長、フィル・スペンサー氏はロイター通信に対し「ゲーム業界における当社の立ち位置やクラウドサービスなどを考慮すれば、よりシナジー効果が期待できる」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング