1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

大手企業の温暖化ガス排出削減目標、ロビー活動で骨抜きに=調査

ロイター / 2023年11月16日 16時19分

 11月16日、非営利組織インフルエンスマップが発表した調査結果によると、スイスの資源大手グレンコア、米石油大手エクソンモービル、欧米系自動車メーカーのステランティスなど大手企業は温室効果ガス排出量削減目標と相反する政策を求めるロビー活動を展開している。写真はスイスのバールにあるグレンコア本社前で撮影された同社のロゴ。2017年7月撮影(2023年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ロンドン 16日 ロイター] - 非営利組織インフルエンスマップが16日発表した調査結果によると、スイスの資源大手グレンコア、米石油大手エクソンモービル、欧米系自動車メーカーのステランティスなど大手企業は温室効果ガス排出量削減目標と相反する政策を求めるロビー活動を展開している。

フォーブス誌の世界大手企業「フォーブス2000」から293社を分析し、温室効果ガス排出量を実質ゼロとするかそれに近い目標を掲げる企業のうち、約6割がロビー活動が原因でグリーンウォッシング(見せかけの環境対策)に陥るリスクがあると指摘した。

インフルエンスマップは国連のハイレベル専門家グループ(HLEG)のガイダンスに基づき、ロビー活動を気候変動関連の目標と整合させる必要性を指摘している。

ハイレベル専門家グループのキャサリン・マッケナ議長は、この調査結果が企業への「警鐘」になるだろうと述べた。

インフルエンスマップによると、グレンコアは欧州連合(EU)とオーストラリアの気候関連政策に反対し、エクソンは米環境保護局(EPA)が提案した発電所の規則に反対。ステランティスはEUが提案した2035年の新車とバンの温室効果ガス排出量100%削減目標に反対し、普通自動車の排出基準を弱める米国の取り組みを支持した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください