1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米新規失業保険申請、23.1万件に増加 労働市場の緩和示唆

ロイター / 2023年11月17日 3時9分

米労働省が16日に発表した11日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は1万3000件増の23万1000件となった。市場予想は22万件だった。労働市場を巡る状況が引き続き緩和していることを示唆した。(2023年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米労働省が16日に発表した11日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は1万3000件増の23万1000件となった。市場予想は22万件だった。これは8月以来の高水準。労働市場を巡る状況が引き続き緩和していることを示唆した。

オックスフォード・エコノミクスのリードエコノミスト、ナンシー・バンデン・ホーテン氏は「米連邦準備理事会(FRB)がインフレが安定的に2%回帰への道筋を歩んでいると確信するには、労働市場と賃金の伸びの一段鈍化を確認する必要がある」と語った。

調整前の申請件数は1713件増の21万5874件だった。マサチューセッツ州とニューヨーク州の申請件数が急増し、オレゴン州とジョージア州の大幅減を相殺した。

新規失業保険申請件数の増加は、最近の雇用減速と軌を一にしている。10月は雇用の伸びが鈍化し、失業率は3.9%と2022年1月以来の高水準となった。

4日までの1週間の継続受給件数は3万2000件増の186万5000件となった。継続受給件数は9月以降増加している。

エコノミストの多くはこれについて、労働市場の重大な変化というよりも、季節調整面での要素が理由だとしている。来春に政府がデータを修正する際には問題は解消されると予想している。

ただ複数の専門家が、失業保険申請件数の持続的な増加は、より多くの人が失業期間を長く経験していることの表れだとの見方もあった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください