バイデン氏の大統領選資金集め、4─6月2.8億ドル トランプ氏上回る

ロイター / 2020年7月17日 5時56分

11月の米大統領選で野党民主党の候補指名獲得が確実なジョー・バイデン前副大統領が4─6月に2億8210万ドルの資金を集め、四半期ベースでは再選を目指すトランプ大統領の調達額を初めて上回った。デラウェア州ウィルミントンで14日撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 11月の米大統領選で野党民主党の候補指名獲得が確実なジョー・バイデン前副大統領が4─6月に2億8210万ドルの資金を集め、四半期ベースでは再選を目指すトランプ大統領の調達額を初めて上回った。

15日に公表された財務報告書によると、10万ドル以上の大口献金は総額5300万ドルと、全体の約20%を占めた。

これら大口献金者には、メディア王として知られるルパート・マードック氏の息子のジェームズ・マードック氏、著名投資家のジョージ・ソロス氏、ツイッター の共同創業者エバン・ウィリアムズ氏、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏らが含まれる。

一方、トランプ大統領の陣営が同時期に調達した資金は2億6600万ドル。娯楽大手マーベル・エンターテイメントのアイザック・パルムッター会長やオラクル のサフラ・キャッツ最高経営責任者(CEO)ら大口献金者からは総額1800万ドルを集めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング