1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

再送プーチン氏「対抗」と警告、北欧2国でNATO軍事施設強化なら

ロイター / 2022年5月17日 3時48分

5月16日、ロシアのリャブコフ外務次官(写真)はフィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の動きをロシアが看過するという幻想を抱くべきでないとし、広範囲な結果を招く過ちだと指摘した。モスクワで2019年11月撮影(2022年 ロイター/Maxim Shemetov)

(一部表記を修正して再送します)

[ロンドン16日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は16日、スウェーデンとフィンランドによる北大西洋条約機構(NATO)加盟申請に向けた動きについて、両国でNATOの軍事インフラが強化されることになれば、ロシアは対抗措置を講じると西側諸国に警告した。

プーチン大統領は、ロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」の首脳会議で、フィンランドとスウェーデンとは問題は抱えておらず、両国のNATO加盟によるロシアへの直接的な脅威はないと指摘。同時に「この領土への軍事インフラの拡大は、ロシアの対抗措置を誘発する」と強調した。どのような対抗措置を取るかについては、「ロシアに対しどのような脅威が生じるかを見極める」とした。

さらに、すでに不安定化している世界の安全保障の状況を悪化させるために、米国が「積極的」にNATOの拡大を利用していると批判した。

これに先立ち、ロシアのリャプコフ外務次官は、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請の動きをロシアが看過するという幻想を抱くべきでないとし、広範囲な結果を招く過ちだと指摘した。

インタファクス通信によると、リャプコフ氏は「現在起きていることを鑑みると状況は根本的に変わりつつある」と指摘。フィンランドとスウェーデンの加盟申請の動きについて「スウェーデンとフィンランドの安全保障が強化されることはないというのは明白だ。両国は、われわれがただ看過するという幻想を抱くべきでない」と述べた。

「全体的に軍事的緊張のレベルが上がり、予測可能性が低下することになる」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください