北朝鮮のADB加盟、まだ議論する段階でない=中尾総裁

ロイター / 2018年4月17日 17時56分

 4月17日、アジア開発銀行(ADB)の中尾武彦総裁は、北朝鮮のADB加盟は、すでにADBに参加している米国や中国など加盟各国が判断に基づいて決まることと述べた。写真は同総裁。ハノイで3月撮影(2018年 ロイター/Minh Hoang)

[東京 17日 ロイター] - アジア開発銀行(ADB)の中尾武彦総裁は17日、北朝鮮のADB加盟は、すでにADBに参加している米国や中国など加盟各国が判断に基づいて決まることと述べた。同時に、まだ議論する段階ではないとも指摘した。記者団への説明会で話した。

日米主導のADBに対抗する形で中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)とは、インフラ分野での協調融資を進める方針で、すでに4件の実績があるが、今後も「年数件の協調融資を実施していきたい」との意気込みを示した。

アジア各国は今後も高度成長を続けるとの立場を強調し、世界経済が「長期的低迷との見方に賛成しない」と指摘した。米国の継続的利上げの影響についても「米経済・金融セクター改善の反映であり、アジアにもポジティブ」「通貨危機以降アジア各国の金融監督が改善している」として、楽観的な展望を示した。

*内容を追加しました。

(竹本能文)

ロイター

トピックスRSS

ランキング