1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

英国、離脱後の貿易関係でEU規則に従わず=首相側近

ロイター / 2020年2月18日 8時2分

 2月17日、ジョンソン英首相のEU離脱交渉担当者フロスト氏は、EUとの将来関係について、貿易摩擦を巡る懸念からEUの規則に従うことはないとし、必要であれば基本的な国際ルールに沿った貿易関係を構築する用意があると表明した。2018年10月撮影(2020年 ロイター/Simon Dawson)

[ブリュッセル 17日 ロイター] - ジョンソン英首相の欧州連合(EU)離脱交渉担当者、デービッド・フロスト氏は17日、EUとの将来関係について、貿易摩擦を巡る懸念からEUの規則に従うことはないとし、必要であれば基本的な国際ルールに沿った貿易関係を構築する用意があると表明した。

英国は1月末にEUを離脱。貿易や安全保障などさまざまな分野で新たな関係構築に向けた交渉を開始する。

フロスト氏は、ブリュッセルの大学での講義で「われわれは貿易摩擦が生じるとの見方に脅かされてはいない。特別な何かを求めているのではなく、単に自由貿易協定を求めている」と語った。

さらに、英国は将来的にEU規則に沿うべきだとEUが主張して、それが不可能であれば、英国はEU・オーストラリア間で適用されているような基本的な国際ルールに基づてEUと貿易する用意があると述べた。

欧州委員会のフォンデアライエン委員長は最近、野心的な環境・労働基準に基づく公正な競争を保証するよう、ジョンソン首相に要請しており、フロスト氏の発言はこれを受けたかたち。

フロスト氏は「英国が独自に適切な法律を制定できることが、われわれのビジョンの中核となる」とし、「公正な競争に関する問題でEUの監視を受け入れるという考えは、われわれが行っていることの的から外れている」と指摘した。

同氏は、今年末までの移行期間について延長しない意向も示した。

英国民は政府が離脱スタンスを軟化させることを支持しないだろうと述べ、EUが「永続的で持続可能な」新たなパートナーシップを望むのであれば、英国を対等に扱うべきだと主張した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング