トランプ政権、製油所の支援検討 バイオ燃料規制巡り=関係筋

ロイター / 2020年9月17日 13時19分

 米国のトランプ政権は、製油所に対し一定量のバイオ燃料を石油製品に混合することを義務付ける再生可能燃料基準(RFS)について、RFSの適用免除(2019年分)を拒否された製油所に少なくとも3億ドルの現金を給付することを検討している。写真はアイオワ州のガソリンスタンドで2015年5月撮影。(2020年 ロイター/Jim Young)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米国のトランプ政権は、製油所に対し一定量のバイオ燃料を石油製品に混合することを義務付ける再生可能燃料基準(RFS)について、RFSの適用免除(2019年分)を拒否された製油所に少なくとも3億ドルの現金を給付することを検討している。

複数の関係筋が明らかにした。 

2019年分の適用免除の可否はまだ決まっていないが、最近の裁判所の判決を受けて、適用免除を拒否されるとみられる製油所の数を基に支援額を決めたという。

RFSは、一定量のバイオ燃料を混合できない製油所に対し、クレジットの購入を義務付けている。今回の措置は、小規模の製油所のRFSの順守コストを軽減することが狙い。

米環境保護局(EPA)のコメントは取れていない。

製油所の業界団体である米燃料石油化学製造者協会(AFPM)は、トランプ政権の計画を支持しないと表明。RFSの順守コストを下げるべきだと主張している。

RFSでは、順守コストの負担が難しい小規模の製油所が適用免除を申請できる。トランプ政権は適用免除の件数を4倍に増やしており、バイオ燃料の生産者や農家からは、適用免除でバイオ燃料の需要が減少するとの批判が出ている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング